ランドセルのCMを見ると軽さを強調しているものがありますが、軽いから良いというものではありませんし、重いからダメということでもありません。ランドセルは重くても軽くても背負い心地が良ければ軽く感じます。

スポンサーリンク

ランドセル素材別の重さ

素材 重さ
クラリーノ 1,000g前後
牛革 1,300g前後
コードバン 1,400g前後
軽さで言えば、クラリーノが一番軽いです。中には1,000gを切る超軽量ランドセルもありますが、牛革やコードバンは1,300g~1,400前後の重さがあります。この重さの違いは使用している素材の重量によるものです。

素材見本を見ると、より分かりやすいですが、使用されている革の厚みが違います。素材見本の革の厚みを測ってみたら、クラリーノが約1mm、牛革やコードバンは約2mmと厚みが倍違います。そのため、使用する革の重量によりランドセルの重さが違ってきます。

ランドセルを背負った子供の感想

99-1
ランドセルを展示会や店舗に見に行ったら、子供にクラリーノ、牛革、コードバンのすべてを背負わせてみてください。ランドセルを手で持つと300g~400gの差は大きく感じますが、背負わせてみると子供は、

牛革ランドセルを軽いと感じ、クラリーノランドセルを重いと感じることがあります。また、同じ素材のランドセルで同じような重さであっても、メーカーが違うと背負い心地が違うため、重く感じたり、軽く感じたりします。

軽さだけを重要視するのではなく、サイズや容量、耐久性、そして肩ベルトと背中のクッション性、体へのフィット感を確認してあげてください。子供の体に合っているランドセルは、重い荷物でも、軽く感じることができます。